アプリ版で600万DLを超えた「7年後で待ってる(7 Years From Now)」がついにSteamで発売開始。

プレスリリース

開発元のFumiとRoom 6は受賞したナラティブ・アドベンチャー「7年後で待ってる(7 Years From Now)」がSteamにて6月17日に発売開始すると発表しました。Steam版ではエピローグ、サイドストーリー、用語集とSound Modeの全DLCが含まれています。

7 Years from Now – Announcement Trailer

2017年に初めてアプリ版が配信された「7年後で待ってる(7 Years From Now)」は、深く引き込まれるようなストーリー、ボクセルアートスタイルなどの要素で多くのプレイヤーを魅了しました。

本作の重点はその興味深く、暗いテーマを扱っているメインストーリーです。本作はビジュアルノベルに似たものなので、ゲームプレイ中心のアドベンチャーではなく、これを理解してプレイすれば、とても楽しい体験になるでしょう。

本作は主人公のソラキ・ハルトがある出来事で幼少期の記憶を失ってしまいました。ハルトは唯一覚えているのが誰かと7年後に再会しようと約束したことです。7年ぶりに故郷に戻り、友人たちや町の人々との再会で失った記憶を取り戻しながら、過去の真相を突き止めていきます。

ストーリーの展開についてあまりに語ると、自分で体験する楽しみが失われてしまいますが、ストーリー全体では、悲しみや後悔の対処法や予想できない悲劇に対する考え方など様々な重くて心に訴えるようなテーマを扱っていることだけは言えます。

興味深いことに、このテーマがどこまで掘り下げられているかは自分でどれだけストーリーを深く掘り下げるか次第です。メインストーリーが終われば、様々な情報が持っているDLC内容が解放されます。その内容に通じて、一見どうでもよさそうなキャラクターが実はストーリーにとって重要な意味を持っていることが分かるようになります。

「7年後で待ってる(7 Years From Now)」は6月17から6月25日までSteamにてセールで2割引き中です。また、アプリ版とSwitch版も配信しています。ストーリーが好きな方は是非プレイしてみてください。

ホームページ:http://hiraya-space.com/
Twitter:https://twitter.com/fumi_md

コメント

タイトルとURLをコピーしました