海外インディ開発者の考え方~「INDIE GAME MARKETING: A GUIDE ON STANDING OUT」第一回~

インディゲーム市場について

インディゲーム開発が日本よりも活発な海外では、インディゲームのマーケティングに関して詳しく紹介されているウェブサイトも多く存在します。今回はINDIE GAME MARKETING:A GUIDE ON STANDING OUTに許可をいただき、皆さんに紹介させていただきます。

インディゲームのマーケティング:ゲームを目立たせるためのガイド
インディゲームのマーケティングは大変です。参入障壁が低いため、日々市場は競争が激しくなっていきます。

ゲーム業界は今でも成長し続けており、2025年には2560億ドルを超える規模になると予想されています。

このような驚異的な成長をしているゲーム業界で生きるには、優れたゲームを作るだけでなく、それを目立たせるマーケティング方法を知っておく必要があります。

しかし、自分のゲームをどのように販売すればいいのか、どこから手をつければいいのか、わからないことが多いと思います。だからこそこのインディゲームマーケティングガイドを作成しました。

このガイドでは、PC、コンソール、モバイルなどプラットフォームに関わらず、試行錯誤し、結果を出せるインディゲームのマーケティング戦略を提供します。

目次
インディゲームのマーケティングとは?
なぜインディゲームは失敗するのか?
インディゲームのマーケティングでよくある失敗とは?
インディゲームのマーケティングに最適な時期はいつですか?
ゲームのマーケティングを始めるにはどうすれば良いのですか?

ンディゲームのマーケティングとは?
インディゲームのマーケティングとは、大多数のインディ開発者がそうであるように、マーケティング予算をほとんど持ってなくても出来る物でなくてはなりません。

インディ開発者たちは多くの場合、草の根マーケティングやゲリラ・マーケティングといった労力が少なくてもインパクトが強い戦略を活用しています。


なぜインディゲームは失敗するのか?
インディゲームが失敗する理由はたくさんありますが、ここでは一般的な理由をいくつか紹介します。

・規模を大きくし過ぎる、あるいは野心的すぎる
・ゲームを完成させるまでに時間がかかりすぎている
・プロジェクトに対する明確なビジョンを持っていない
・現在の市場の需要を満たしていない
・プロジェクトに適した開発チームではなかった
・技術的な問題が発生した
・ゲームに関する情報が限定的または全くメディア露出がない
・商業的に採算に合うゲームを作っていない
・ゲーム開発に十分なリソースを割り当てていない

上記の理由だけでも、すでにインディゲームには多くの問題が山積みです。

成功の可能性を高めたいのであれば、マーケティングのコンセプトや他のゲームが犯したマーケティングの失敗を避ける方法に対する理解が必要でしょう。


インディゲームのマーケティングでよくある失敗とは?
多くの場合、「よくある失敗」を避けるだけでも正しいスタートを切ることにつながります。

ここでは、他のゲーム開発者がよく犯しているマーケティング上の失敗をいくつか紹介していきます。

1. マーケティングプランを作っていない
マーケティングプランを作成することで、目的、目標、戦略や成果の測定方法などを決定するためのフレームワークを得ることができます。また、市場調査やターゲット層の調査を含め、マーケティング戦略に役立つ貴重な情報や洞察を得ることができます。

インディゲームではこの重要なステップを見過ごし、マーケティングやビジネス上の決断を明確せず、自信を持てないことが多くあります。

2. 十分なマーケティングリソースが割り当てられていない
多くの開発者が直面する最大の問題の1つは、開発に時間、労力、資金を注ぎ込みすぎてしまうことです。マーケティングにリソースを適切に配分していないことによって、目標の到達がより難しくなってしまいます。

資金と時間の分配のバランスは人それぞれですが、全体の50%までの時間や資金をマーケティングに割くことが望ましいとされています。それに近いほど、目標を達成する可能性が高まります。

3. ターゲット層について知らない
インディゲーム開発者が直面する大きな課題の1つはゲームのターゲット層を知らないことです。また、人口統計データやプレイヤーの興味を引くゲームを知っているだけでは十分ではありません。

例もし、ある人について「自分の好きなゲームを好き」ということしか知らなかったとして、あなたはその人をデートに誘いますか?

それだけでは誘えないですよね。

プレイヤー達のたまり場を知ることで彼らと繋がることができ、他のゲームと比べて目立つ機会が生まれるようになります。

4. 意図的に行動する
問題があるように見えないかもしれませんが、実はほとんどの人が意図的に行動していません。

「忙しい」ことと意図的に行動することには大きな違いがあります。人が忙しい時は達成感を得られますが、成果を出したい時は意図的に行動することが重要です。

「忙しい」のカテゴリーに入る例として、インディ開発者は意図せず、あるいは自分たちの努力が目標にどう貢献するかを十分に理解せずにゲームをマーケティングします。

これはおそらく最大の問題です。なぜなら、ほとんどの人は手遅れになるまでこのことに気づかないからです。

これらの内容からインディゲーム開発者が良く犯すミスを知ることができましたね。
今後も継続的に紹介していきますので、お楽しみに!
原文: https://www.rengenmarketing.com/indie-game-marketing/

コメント

タイトルとURLをコピーしました