「Unrailed!」線路をクラフトし、道を整備し、列車を走らせ続けよう!この忙しさ、たまらない…! ー インディゲーム紹介

ゲーム紹介

 「Unrailed!」は自動で動き続ける列車が脱線しないように線路を繋げて走行を維持できるようにし、駅を目指すゲームです。最大4人まで協力プレイ可能、ソロプレイ時にはロボットが1体付いて来てくれます。ボクセルアートで描かれるミニチュアな世界で、駅への道を開拓しましょう!

 ゲームを開始すると、(シード値を手動入力していなければ)ランダムにフィールドが生成され、少しの待機時間の後に列車がスタートします。右側に数十メートル先ほどにゴールとなる駅がありますが、列車はスタートするとゴールまで止まらず、後退もしません。そのため、今列車が進んでいる先に確実に線路を繋げてください。間に合わず列車が線路から外れれば脱線となり、ゲームオーバーです。
線路は、列車の貨物車両に木材と石材を積み込むことで、その後ろの車両に自動で生成してくれます。できあがった線路を持って既に置かれている線路に繋ぎましょう。線路の向きは自動で合わせてくれます。
何も妨げが無ければそのまま駅まで繋いでゴールイン!と行きたいところですが、プレイ中様々な問題が立ちはだかります。

 まず線路を作るのに木材と石材が必要ですが、その数には限りがあります。無くなったら近くに木や岩場があるので、木は斧、岩場はピッケルで削れば対応する材料になります。削るには、斧・ピッケルを持った状態で木・岩場に隣接してその方向を向けば自動で行ってくれます。木や岩場となっているマスはそのままでは線路を敷けないので、予めフィールドを見てこれから線路を通しそうな場所から削って材料を得れば、道も確保できて効率が良くなるでしょう。水場については木材をそのまま1つ持ち込めば足場を作れます。この上にも線路を敷けますのでルート構築計画も大切な要素ですね。
いざ材料を得に斧やピッケルを持ち、材料を運ぼうとしても、1プレイヤー当たり1種類のアイテムしか持つことができません。これに関しては線路も材料もそうですが、それぞれの作業は1つずつこなす必要があります。
そうなると当然、今要らないものは一旦周囲に置いておくか他プレイヤーに任せておくことになりますが、画面は列車の動きに合わせてどんどんスクロールしていきます。プレイヤーは一定以上スクロール外へは行けないので、置いてきたものは基本拾えなくなります。材料や線路であれば『勿体ない』程度で済みますが、斧やピッケルは1つしかありません。これらを拾えなくなると…

 さらに、列車は動いている間常にタンクの水を消費します。水が無くなってくると徐々にタンクが赤くなり、最終的に列車が燃えてしまいます。急いで給水しましょう。給水するには水桶を持って水場へ行き、桶に水を入れたらタンクへ持って行けばOKです。この水桶も斧らと同じく1つしかありません。
また、列車のタンク及び桶は、フィールドの天候が雨になると勝手にどちらも給水されます。天候は運次第なので恵みに感謝しつつ、桶がスクロールに対して置いてけぼりにならないようにだけ注意すれば大丈夫です。

 線路は列車が通る前であれば剥がして敷きなおすことができますが、一度列車が通ってしまうと剥がせなくなります。
画面は列車の動きに合わせてスクロールすると言いましたが、後ろ方向に線路を伸ばすことで疑似的な後退が可能です。単純に列車が進行する時間を稼げるほか、これを活用して置いてけぼりになったアイテムを取りに行くことも可能でしょう。
しかし、先ほどの通りどんどん線路の引き直しができなくなってくるので、無計画にやり過ぎると既にある線路に阻まれて大変なことになってしまいます。
そのほか、フィールドの資源は無限ではありませんので蛇行し過ぎて線路が足りない…なんてことにならないようにしましょう。

 そして、実は列車自体も接触判定を持っており、列車が通っている所はプレイヤーも通れません。あまりに狭い道は列車が通っている間他のものの行き来が途絶えることになる、ということですので、例えば道の先で木が邪魔していても、列車が通っている道の奥に斧があろうものならば…
狭い道はプレイヤー同士でも行き来を妨げ合ってしまいますし、手間に余裕があれば列車が通るその周りのマスも通れるように整備したいところですね。

 最後に、フィールドには動物などがおり道を邪魔してきます。明らかにこちらを邪魔してくるキャラも居ます。斧・ピッケルを持って撃退することも可能ですが、撃退にも時間を要するので状況と相談して撃退するか決めましょう。

 さて、ここまでに多くの種類の問題に触れてきましたが、列車は常に自動で動いているので、状況判断はいつだって怠れません。駅に到着すればしばらく休憩できますが、なんと無情にも駅に辿り着く度に次の走行のスピードが上がってしまいます。
どんどん忙しくなりますが、駅では「ボルト」を使って列車をアップグレードでき、自動で周囲の材料を集めるようになったりします。「ワゴンアップグレード」は既に列車に付いている車両の強化、「新しいワゴン」は新たに車両を設けて強化(列車が長くなるので計画的に!)、「新しいエンジン」は次のステージ(バイオーム)へ行くのに必須となる強化です。
ボルトは、「駅に到着」・「駅に到着するまでに与えられたミッションをこなす」・「フィールドで拾う」ことで入手でき、各走行につきそれぞれ1つずつ、計3つ入手できます。ボルトで列車をアップグレードし、加速する忙しさに対して負けないように便利な列車にしましょう!

 協力プレイでは、それぞれがどの作業を担うか、よく相談しながら効率良く進めましょう。エモートコミュニケーションがありますので言葉で伝える手段が無くても大丈夫です。
ソロプレイでは、プレイヤーが出した指示に沿った作業を行ってくれるロボットが付いてきます。ゲームプレイ中ロボットへの指示内容を含めてすべてを自分で判断しなければならず、かつ作業の合間合間に手動でロボットへ指示を出さなければならず…と、さらに忙しくなりますがロボットはなかなか優秀で、分担作業が楽しいです。
協力プレイでもロボットとのソロプレイでも、ゲームの攻略には分担作業が非常に重要になります。作業をこなすだけでなく、こういった分担戦略が好きなかたはとことん楽しめるのではないでしょうか。みんなでわちゃわちゃ、忙しい列車誘導に挑戦してみませんか?

 常に動き続ける列車を駅へ導く、ストラテジー要素アリなボクセルアートのクラフトパズルゲーム「Unrailed!」はデベロッパー:Indoor Astronaut、パブリッシャー:Daedalic Entertainment、bilibili(China)よりPC(Steam)やPS4、Xbox Series X|S、Xbox One、Nintendo Switchなどで配信中であり、現在Steamにて8月6日まで50%OFFセール中です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました