穢れてしまった者を浄化し自らの力とするダークファンタジーな2Dアクションゲーム「ENDER LILIES: Quietus of the Knights」 ー インディゲーム紹介

ゲーム紹介

 「ENDER LILIES」は、「死の雨」によって滅び”穢れ”に満ちてしまった世界が舞台のメトロイドヴァニア系のダークファンタジーアクションゲームです。
 ”穢れ”は人々を不死の呪縛に陥らせ、危険な「穢者けもの」へと変貌させました。突如として滅ぶこととなった悲しみの王国で、どのような物語が綴られるのでしょうか。

 主人公は白い少女と不死の騎士の2人で、プレイヤーは白い少女を操作して先へ進みます。少女は穢れを浄化する力を持ち、不死の騎士を自らの能力として駆使することができます。
 この世界にいる穢者の中にはまだ人であった時代の意識を持っている者がおり、無力化することでその穢れを浄化することができます。穢れを祓われた者たちは、以降少女の力となって冒険を手助けしてくれます。

 浄化によって得た能力はレストポイントに行ってセットすることで使えるようになります。能力はメインスキルとサブスキルに分かれており、使い分けることができます。一部のスキルは回数制限がありますがユニークなものが多いです。強くなるためにもできるだけ多くの人を救ってあげましょう。
 非常に強力で危険なボスたちも、無力化できればその穢れを浄化して少女の力とすることができます。ボスの能力は特に大きく、これら攻撃スキルのみならず移動に関わるアクションスキルも授けてくれます。アクションスキルは探索範囲が広がるうえ、セットしなくても使用が可能です。

 探索の最中、祈ることでいつでも体力を回復することができます。通常3回までですが、レストポイントで祈りや上記のスキルの回数が最大値まで回復します。祈りの際は少しだけ隙を晒すことになるので使うタイミングに気を付けましょう。また、道中に白い花と赤い花が咲いており、これを破壊するとその場でそれぞれ祈り・スキルの使用回数を少し回復できます。

 レストポイントでは能力の使用回数の回復のほか、別のレストポイントへの移動やセーブやスキルの強化とセット、道中で拾うことができるレリックの装備などができます。レリックは被ダメージの軽減といったような効果を持っており、コストの制限内で付け外せます。

 このゲームは少し難易度が高めで油断するとすぐに倒されてしまいます。倒されると最後のレストポイントからやり直しですが、デスペナルティは無く倒される寸前のレベル・経験値を維持したまま再開できます。
 レストポイントで回復すると道中の敵も復活することになりますが、経験値を稼いでレストポイントに戻ってまた経験値を稼いで…ということが可能でもあります。
 道中でもいつでもレストポイントに戻ることができ、強力なボス前にはレストポイントが用意されています。倒されてしまうことの多いいわゆるダークソウルライクなゲームですが、設計は親切と言えるでしょう。

 ”穢れ”が蔓延した悲しみの王国を探索する2Dアクションゲーム「ENDER LILIES: Quietus of the Knights」はLive Wire, AdglobeよりSteamとNintendo Swichにて販売中です。また、PS4,5版を7月6日に販売開始予定です。

ENDER LILIES: Quietus of the Knights on Steam
ENDER LILIES is a dark fantasy 2D action RPG about unraveling the mysteries of a destroyed kingdom. On this sorrowful journey, encounter horrific enemies agains...

コメント

タイトルとURLをコピーしました