【ゴアあり】ボクセル人間によるアクションゲーム「Paint the Town Red」が正式リリース決定!

プレスリリース

South East Gamesが開発した、サンドボックス型のレベルローグライクアドベンチャーを備えた一人称視点の近接格闘ゲーム「Paint the Town Red」が、ついに2021年7月29日にSteamにて正式リリースし、同時にNintendo Switch、XboxとPlayStationにも登場すると発表しました。本作は2015年にアーリーアクセス版をリリースし、多くのアップデートを通して、様々なアクションの体験がたっぷり楽しめるゲームになりました。

Paint the Town Red – Release Announcement Trailer

プレイヤーはボクセル人間を操作し、大乱闘を始めたステージ内のあらゆる武器を拾って襲ってくる敵をバラバラにしたり、ボコボコにしたりしていきます。本作では椅子や皿から刀や拳銃まで約200種類以上の武器が使えます。さらに爽快感を高くするためにスローモーションなどのエフェクトを設定することもできます

本作の最大の魅力はゲームタイトルにふさわしいゴア表現です。ボクセル人間の敵をパンチしたり、刺したり、切ったりして、敵の体をどの部分でも自由に切断できます。切断した部分は吹き飛ばされ、血が噴き出し、最後はタイトル通りに町が多くの血によって赤に染まります。本作のキャラクター全員がボクセル人間で、切断された部分や血はブロックで表現するので、そんなに怖がらずに多くの人が楽しめるでしょう

本作は人間以外のモンスターと戦うこともできます。大規模なローグライクアドベンチャーが体験できるの地下モードでは、プレイヤーが地下世界に潜ってアンデッドやエルドリッチなどの恐ろしいモンスターに立ち向かうことになります。プレイヤーはステータスや能力が異なる5つのクラスから好きなクラスを選んで、プロシージャルに生成された世界で太古の悪魔を倒していきます。

Steam版では、Steamワークショップに対応するレベルエディターでカスタムレベル、テクスチャパック、ミュージックパックなどのアイテムを自由にデザインし使用することができます。それ以外にオンラインCo-opモードで最大4人まで一緒に戦うこともできます。

「Paint the Town Red」は日本語に対応しており、2021年7月29日にSteam、Nintendo Switch、XboxとPlayStationにて正式リリースする予定です。なお、現在はSteamにてアーリーアクセス版が配信中です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました