「GTA2」にインスパイアされたサイバーパンクアクション「Glitchpunk」が2021年8月12日にアーリーアクセス開始!

プレスリリース

パブリッシャのDaedalic Entertainmentは、デベロッパーのDark Lordが開発しているデビュータイトルの「Glitchpunk」を2021年8月12日にSteamにてアーリーアクセスを開始すると発表しました。

Glitchpunk – Release Date Announcement Teaser

本作は「GTA2」にインスパイアされた見下ろし視点アクションゲームです。ディストピアなサイバーパンク都市を舞台に、自分のプログラムに反することができる「グリッチ」と呼ばれる特性を持ったアンドロイドが、巨大企業や専制君主的政府に立ち向うというストーリーが展開されます。

デベロッパーによると、本作のストーリーはトランスヒューマニズム、外国人恐怖症、宗教のようなテーマが盛り込まれています。また、主人公は周りの人に影響を与えたり、新しい友達を作ったり、もしかしたら、敵の嫌悪感を愛情に変えることができるそうです。

主人公は近接や遠隔武器を使ってギャングや警察と戦い、自分の体をアップグレードしていきます。また、自動車だけではなく、バスや電車など様々な乗り物を盗んで走り回ることができます。もちろん、盗みやハッキングのような犯罪をしたら警察に最大10レベルの指名手配がされることになります。

本作は4つの都市が登場し、複数のエンディングが用意される予定です。アーリーアクセス版には「アウトポスト・テキサス」と「ニューバルティア」の2つの都市が含まれます。その後、「ネオトウキョウ」と「モスクワ」の2つの都市が追加される予定です。さらに、アーリーアクセス版がリリース後に詳細なロードマップが公開される予定ですので、アーリーアクセス後のアップデートに関する情報にぜひ注目してください。

「Glitchpunk」は日本語に対応しており、2021年8月12日にSteamにてアーリーアクセス版をリリースする予定です

ホームページ: http://darklord.pl/#project

コメント

タイトルとURLをコピーしました