VRによるインディーズゲーム展示会『GameVketZERO』、初の開催で来場者は約20万人に上り大好評。次回のHIKKY主催VRイベント「バーチャルマーケット6」の情報も

インディイベント情報

 VR空間でインディゲームの展示やカンファレンス配信などが行われた「GameVketZERO」。現在コロナ禍によって外出が困難という状況のなか、2021年4月9日から5月5日までの間で開催されました。ネットを通じて参加できるという利点を生かした本イベントは、今回が初開催ながらも世界中から多くの来場者が集まり、早くも次回の開催が待たれています。
 そんな中、株式会社HIKKYから次回のVRイベント「バーチャルマーケット6」が、2021年8月14日から8月28日に開催されるとの情報が公開されました。

以下、ニュースリリースより引用

VR空間でのインディーズゲーム展示会『GameVketZERO』に世界中から延べ約20万人が来場!

株式会社HIKKY(本社:東京都渋谷区、代表取締役:舟越靖)は、2021年4月29日(木)~2021年5月5日(水)の7日間、バーチャルリアリティ(VR)空間にてインディーズゲームの展示会「GameVketZERO」(読み:ゲームブイケットゼロ)を開催し、世界中から延べ約20万人の来場数を記録しました。(※来場者数はVRChat協力のもと算出しております※ブラウザからの入場者数も含むものです)

 今回初の開催となる「GameVketZERO」は、コロナ禍においてゲームイベントの開催が難しいとされる中でも、“新しいゲームと出会える場をご提供したい“という願いを込めて開催いたしました。

また、VR機器からの入場はもちろんのこと、PCやスマートフォンのブラウザを使って、世界中から気軽にVR会場へアクセスできる環境をご用意しました。今回のイベントでは96のインディーズゲームディベロッパー・サークルと、30もの企業・団体にご参加いただき、緊急事態宣言下のゴールデンウィーク中での開催ということも相まって延べ約20万人の来場数を記録し、初開催ながら大きな盛り上がりを見せました。

企業のゲームに加え、インディーズゲーム作品もレベルが高いと好評でした。ビジュアルや作品名でも目を引くものが多く、来場者は試遊をしたり、作品映像を見たりしながら、お気に入りのゲームを購入できる仕組みです。

  • 【GameVketZero実施報告】
GameVketイメージMOVIE

(GameVketZERO動画)

(会場内で楽しむ来場者の様子)

(一般出展ブースの様子)

  • GameVketZEROイベント会場に関して

GameVketZEROでは「11の出展会場」に加え、「エントランス会場」に”配信スペース”と”カンファレンススペース”をご用意しました。

まず、「11の出展会場」ではゲーミングPCの内部をイメージした会場内に企業と一般の出展ブースが軒を連ねました。参加者の皆様に会場を巡って頂きやすくするため、「カタログ」も制作いたしました。(https://www.game.v-market.work/v0/catalog)この「カタログ」では、出展サークルや出展企業の一覧や地図が見られる他、各ブースの公式サイト・Twitter・ゲーム購入サイト・試遊サイトなどの情報を掲載し、「気になるゲームの詳細を簡単に調べることができた」とご好評をいただきました。

(PC内部をイメージした「GameVketZERO」出展会場の様子)

(参加者の会場巡りをサポートする「カタログ」)

さらに今回初の試みとして会場巡りをサポートしてくれるナビゲーターロボ「すたんどにゃろん」を設置。「すたんどにゃろん」はガイドの他に、デスクトップモードやOculus Questシリーズでも使える「自撮り機能」を備えており、参加者の会場での思い出作りやTwitterキャンペーンの参加にも役立てていただきました。

(自撮り機能を備えたナビゲーターロボ「すたんどにゃろん」

信スペースでは、参加者による自由配信や公認配信を多数実施。カンファレンススペースでは資料を投影しながら現実さながらの有識者によるカンファレンス配信を行いました。

(「GameVketZERO」Withコロナにおけるゲーム業界のオフラインイベントについて 配信の様子)

  • 企業ブースの一部をご紹介

【株式会社バンダイナムコエンターテインメント】
『テイルズ オブ』シリーズの世界観が楽しめるブースを設置。さらにVR版では『テイルズ オブ』シリーズでお馴染みの『魔神剣』を実際に体験できるコーナーも実装いたしました。お気に入りのアバターで魔神剣が体験できるチャンスに多くの来場者が訪れました。

【株式会社ホビージャパン】
ホビージャパンがおすすめするボードゲームを紹介している他、VR版では簡単なボードゲームを実際に楽しめるコーナーも実装いたしました。友達と一緒にVR上でボードゲームを楽しむ来場者が多く見られました。

【GALAKURO GAMING】

販売製品の3Dモデルを手にとって確認できるブースに加え、クリエイター支援コラボとして、プロゲーミングストリーマー集団「父の背中」けんき氏が制作中のPCゲーム紹介や、べすとまん氏、じゅん氏のスマートフォン向けゲーム紹介が行われました。

  • 次回HIKKY主催VRイベントは、8月開催「バーチャルマーケット6」

HIKKYはこれからもソーシャルVR領域で創作活動を行うクリエイターの存在を第一に考えながら、日本発のグローバル企業としてVR空間上での新しい「生活圏」「文化圏」「経済圏」の創出を牽引していきます。
次回は2021年8月14日(土)〜28日(土)に世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット6」を開催いたします。
今後もバーチャルマーケット6に関する情報を発信して参りますので、今後の展開にご期待ください。

バーチャルマーケット6公式サイト:https://vket6.v-market.work/

  • GameVketZERO開催報告

◆開催日程: 2021年4月29日(木)~2021年5月5日(水)の7日間
◆出展サークル:96
◆企業出展:30
◆延べ来場者数:延べ約20万人
◆VR会場:VRChat内
◆ウェブブラウザ会場:VketCloud(PC、スマートフォンより専用アプリ無しで入場可能)

コメント

タイトルとURLをコピーしました