ローカライズの壁を越えよう。~機械翻訳って、頼って良いの?~

マーケティング

 ローカライズにおいて、翻訳は欠かすことのできない要素です。翻訳に、更に必要に応じて国による文化の違いなどを考慮した調整・変更を加えたものがローカライズになります。
翻訳の手段には、「自力」、「翻訳会社・翻訳者に依頼(有料・無料)」、「海外展開のできるパブリッシャーと契約」、「機械翻訳」、「ユーザーからの有志やフィードバックを活用する」といったようなものがあります。

 このうち、自力を除いて最も身近な手段である機械翻訳について解説します。
結論から言うと、機械翻訳を利用するときは注意点を理解し、計画を持って使わなければ逆効果になることがあります。しっかりと理解を深めて良い活用ができるように心がけましょう。

 機械翻訳の最大のデメリットは、ゲームへの酷評(低評価レビュー)が増えてしまうことでしょう。原因はいい加減な翻訳になりやすいことにあります。偶然面白い翻訳になってネタのように楽しまれるケースもありますが、レアケースなのでそうそうお目にはかかれません。
Steamで言うならば、良い売れ行きを記録するにはゲームの「最近のレビュー」・「全てのレビュー」でのランクが好評以上、ヒットタイトルを目指すなら非常に好評か圧倒的に好評を維持し続けるべきです。酷評が増えると高いランクを維持するのが難しくなります。

 機械翻訳は信頼性の高い翻訳サイトもありますが精度にはどうしても限界があります。
そんな中でもいかにうまく切り抜けていくか。機械翻訳のデメリットである酷評を減らす手段を紹介します。

・「後日アップデートで改善予定」とアピールする

 ゲーム内の翻訳/ローカライズがしっかりしていないことが目に見えているならば、予め「アップデートで改善する」と伝えておいたほうが良いです。ユーザーが確実に目を通す場所に注意書きをしておき、「良いローカライズになることに期待を持ってもらう」のです。

しかし、たとえいくら「後からローカライズを改善する」とアピールしていても、酷評が増えることは避けられません。全てのユーザーがアピールを読んでくれるとは限りませんし、読んだとしても期待を持ってもらえないことすらあります。また、遅くなれば遅くなるほど『本当に改善されるのか?』と信頼を失うことになります。
アピールを盾に放置せず、遅くならないうちに改善しましょう。
とはいえ、状況によっては他に優先すべき改善項目があるかもしれません。他の改善項目が忙しく翻訳まで手に回らない可能性があるなら、それが落ち着くまでローカライズには手を出さず1言語で戦うことも立派な戦術です。落ち着いてから改めてローカライズを広げていきましょう。

・複数の文章/単語で翻訳し、最も適切な翻訳を”作り出す”

 機械翻訳を使ってより良い翻訳を作る方法です。一例を交えて解説します。
「前へ」という言葉をそのまま機械翻訳しようとすると、おおよそ【正面】の意味を持つ単語が並ぶのではないかと思います。
ところが、これが本のページ送りのボタン上のテキストだったとしましょう。そこでは本当に伝えたい意味は【ひとつ前のページへ】であるはずです。【正面】では本来のニュアンスを伝えられなくなってしまいますね。
この例では【ひとつ前のページへ】で翻訳し、そこで出てきた単語を抜き出せばより本来のニュアンスに近い翻訳にできます。元々のゲームで使われている単語そのままをあえて避けることで、より良い翻訳を導き出すことができました。
上記については、短い単語でも長い文章でも同じようなことが言えます。1回だけの翻訳で終えず、色々な文章/単語で翻訳してみて、それらを組み合わせたり調整したりして最も本来の意味に近くなる文章を自分で作り出しましょう。
注意点ですが、もし翻訳後の文章が全く読めなければより良いニュアンスを選ぶこともままなりません。ですので前提としてある程度以上は自力で翻訳を理解できる必要があります。それでも、0からノーヒントで翻訳文を作るよりは安心できる翻訳手段なので、機械翻訳を行う時は意識してみてください。

 上記を実行して、どうしても満足できる翻訳にならなかった箇所については、機械翻訳以外の翻訳方法も活用してみてください。

 少し話は変わりますが、他作品の台詞からオマージュ台詞を作る時のローカライズは、オマージュ先の作品の実際のローカライズを見て作りましょう。これに関しては「自力で作る」のが最善です。機械翻訳を含む他のどの方法でも、安定して元作品のローカライズ版に即した翻訳にできる保証がありません。間違いなく、元作品について詳しく知っている人が翻訳すべきです。

 頼りないイメージのある機械翻訳ですが、事実として「Phasmophobia」など不安定な翻訳から改善を通してヒットタイトルとなった作品もあります。ローカライズにおいても優れた戦略で売り上げを伸ばしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました