ゲームにおけるリスクとリターンについて

ゲームを作る

ゲームアイデアは面白いけれどもゲームバランスが悪いことによって低く評価されているゲームは少なくないはずです。ゲームバランスを良く調整できるようになるために、まずはリスクとリターンについて知っていきましょう

ゲームにおいて、リスクとリターンはプレイヤーの行動や判断に影響する要素であり、ゲームを盛り上げる効果もあります。分かりやすい例として、アクションゲームや格闘ゲームではキャラクターの攻撃を弱攻撃と強攻撃に分けることがよくあります。弱攻撃は攻撃速度が速いがダメージが低いというローリスクローリターンの選択になっており、強攻撃はその真逆になっています。仮にあるゲームで強攻撃と弱攻撃との攻撃速度の差があまりないとしたら、プレイヤーは強攻撃しか使わなくなるでしょう

ゲームバランスを良くするには、リスクとリターンが比例的に関係していることが重要です。なぜなら、リターンが大きすぎるとプレイヤーがその選択しかしなくなり、リターンが小さすぎるとプレイヤーが達成感や喜びを感じにくくなり、ストレスも溜まってしまうかもしれないからです。リスクとリターンが比例的になるということは、プレイヤーが特定の選択だけをする傾向を抑えられることにも繋がります。

ゲームのジャンルによってリスクとリターンを実装する方法は異なりますが、どんなゲームでも実装できるはずです。その中でよく使われている方法としては、ゴールの前に敵や障害物を置く、取り返しのつかない選択肢を与える、敵の情報を隠すなどがあります。

特にゲームのリリースやテストプレイの後にフィードバックに基づいてゲームバランスを調整することがあると思います。その際にはリスクとリターンを意識しながらやってみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました