「QuietMansion1」ホラーゲームのベータテストが実施され、配信中に泣きだす配信者も…!

プレスリリース

 「QuietMansion1」は、2018年に配信された『KENGOHAZARD(ケンゴハザード)』のリメイク作である1人称視点ホラーアドベンチャーゲームです。時には敵に追われながらも、ハンドガンなどを駆使して暗い廃屋からの脱出を目指して進みます。

Steam:QuietMansion1
【悪夢、再び...】 当時高校生が一人で開発したとして話題になった、KENGOHAZARDを1からリメイク! 恐ろしい怪物が徘徊する館を探索し、鍵を探して、銃を使って反撃しつつ脱出しよう!!

 本作はクローズドベータテストが実施され、対象者から配信などが行われました。現在クローズドベータテストChapter1は終了していますが、「怖すぎた」などの意見を得ています。

以下、プレスリリースより引用。

新作ホラーゲームベータテストの反応が公開!
プレイ中に泣きだす配信者も…

個人ゲーム開発者KApp.は1月16日に
QuietMansion1クローズドベータテストChapter1を終了すると発表した。
今回のベータテストはショットガン入手後の「パラシー」戦までを収録しており
ベータテスト対象者の数人には特別にベータテストの配信許可が出ていた。
今回のベータテストはまだ開発段階であるのにも関わらず
ベータテスト実施者からは「怖すぎた」、「雰囲気がとてもよくできている」
といった意見が出ており、非常に高い評価を獲得している。

<配信動画>
(ヒサクラアイトch)
https://youtu.be/7_o8KFgIzY4
(蝕夢 夜薇 /Yami Channel)
https://youtu.be/rCl5FT3FGzU

<ストーリー>
目が覚めると見知らぬ廃屋はいおくに倒れていた主人公
ここに来るまでの経緯を思い出せないまま、探索を進める
何者かの足音など、確実に【何かがいる状況】に怯えながらも廃屋の過去を知っていく
しかし、突然主人公の前にウィルスによって生み出された「プニヒール」が立ちふさがり、
更には弾丸を跳ね返す「執行人」も出現してしまう…
主人公は手に入れたハンドガンで脱出を試み、ついに廃屋の奥である「実験棟」にたどり着く
そこでショットガンを拾った主人公は…

<QuietMansion1とは…?>
2018年に無料ホラーゲームとして配信されたKENGOHAZARDを1からリメイクする作品で
暗い廃屋の中で、敵に追われつつ
ハンドガンやショットガン、ロケットランチャーなどを駆使して脱出を目指すゲーム
原作からマップは全て変更し、更にはストーリーも一新されており
原作を知っている方も知らない方も楽しめる内容に進化している
また、とあるテレビ番組の企画で「日本で10個しか選ばれないゲーム」にも選定されている

<クローズドベータテストChapter1の特徴>
デモ版で探索可能だったエリアに加え、新たに「実験棟」の一部も探索可能
新武器「ショットガン」を使用し、デモ版で猛威を振るった執行人をボコボコにできる

またベータテストでは人数が少ない分、個人の意見がより尊重され
たった一つの意見でゲームシステムが根本的に変わる可能性もある

<ゲーム情報>
・タイトル : QuietMansion1 クローズドベータテストChapter1
・発売日 : 2022年11月18日
・ジャンル : 1人称視点サバイバルアクションホラー
・対応プラットフォーム : PC
・価格 : 無料
・対応言語 : 日本語・英語・中国語・フランス語・ロシア語
・Steamストアページ : https://store.steampowered.com/app/1578440/
・公式サイト : https://kenhaza.wixsite.com/kengohazard

コメント

タイトルとURLをコピーしました